床屋に行ったらへんな髪形になった

でござる。

いつも行くスーパーマーケットのすぐ近くに床屋があるのに気づいてたので、髪も長くなってきたし、思い切って飛び込んできました。実は初めて日本以外で髪切るとこに入った。

日本でも散髪店は苦手な方なんですが、黙っているとどうされるかわからないので、一応横を耳の上まで、前は眉毛の上まで、同程度に切ってほしいって言おうとしたんですよ。それで、please trim ..above ears and ..er eyebrow みたいな感じでしどろもどろに言うと、OK!!と言って始めるやたらハイテンションなおじさん。

まずスプレーで水をかけて髪を湿らすんですけど、やたらかけすぎてだらっだら顔のほうに垂れてきます。
全くそんなことには興味がなくおもむろにざくざくときり始めるおじさん。途中で他の客が入ってきてHi!とか言ってやたらハイテンションにおじさんの体を叩いてきます。あぶないだろ。でそのままその辺に座って世間話を始める。
おじさん切りながらまたハイテンションにこたえる。
そのままやたらリズミカルにバリカンとか使う。
笑い声とバリカンの音を同時に聞きつつ、いつか耳とか切られるんじゃないかと恐れる私。

で、しばらくしてIs this ok?とか聞くので眼鏡をかけて鏡を見ると、、、あれ?小学生の俺がいる?

前髪全部びっしり同じ長さにそろえられていました。

Ah .. can you please make it more random, ratehr than such a straight line...ていう感じのことを言うと、
Oh, thin it!?
みたいなことを言って、また世間話しながら再開。
thinが髪を梳きばさみで梳くっていう意味だったんですけど忘れてました。最初からそう頼めば良かった。

で、何とか自然になったんですけど、最終的に前髪が異常に短くなりました。これに合わせて他の場所を切ってもらおうかと思ったのですが、あんまり短くすると髪が立つよ、Your hair will stick up! Understand!? みたいなことを言われ、あきらめて終了。こっちが客なのになんでそんなに強気かな。
で、終わった後、やたら膝の上とかに切った髪が残ってるので、ブラシ使えない?て聞いたのですが、その結果、Oh,yes!とか言って

ティッシュ2枚

をくれました。
首の周りに相当残った髪もティッシュでそれを(自分で)処置。その辺のケアはここにはないらしい。
ちなみに8ポンド(1200円)でした。相当ぞんざいなサービスだがこんなものなのかな。ちなみに友人は昔5ポンド位のとこに行って、普通の紙を切るはさみで切られたらしい。


教訓として、

trimと言ってしまうと長さをそろえられてしまう。坊ちゃん刈りにされたくなければthinと頼む。
そもそももう少ししっかりしたとこ行ったほうがいい。少なくとも髪切ってる間に他の客と世間話しないとこ。


しばらくは前髪を適当にごまかして研究室に行こう。ハイテンション気味で。



Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.