Prof. Jay McCllelandの講演

を聞いたので忘れないうちにメモする。内容の著作権は彼のグループにありますので引用等お控えください。

といっても100パーセント理解したわけではないので、公演中自分で取ってたメモに基づいた自分用備忘録です。
かなりぐだぐだ。

基本的にMcClleland教授は最近、カテゴリーがどのようにして生じてくるかをPDPモデルを用いて研究。
Emergence of meaning through gradual learning in response to everyday experienceとでも言うといいか。

まず注目されるのは発達的にカテゴリーが漸次的に分化してくるという点。まずはliving/non-livingの分類に始まって色に基づいたカテゴリやら、翅をもつかどうかとか、より細かいfeaturesによる分類がなされてくる。子どものカテゴリは大人のに比べておおざっぱらしい。
PDP上でback propagation (教師信号による習)をすると、このgradualな分化がepochが進むにしたがって発現してくるとのこと。

アニメーションでカテゴリが最初未分化なものが順次枝分かれする様子を見せてくれた。最初は生物と無生物にわかれて、そのあと動物と植物やら、多分無生物のほうは建物と道具ととか、サブカテゴリーに分かれて言ってた。おそらくカテゴリごとの信号の平均か何かを二次元上にプロットしてそれをepochごとにみせてるんだろう。

で、Naive Bays Clasifier Model (Grosse & Glick)というのが出てきてた。
たぶん学習方法がバックプロパゲーションでなく、ベイズ統計のルールか何かに基づくものなんだと思われ。

でsimilarity matrixをだしてくる。この辺から少しついて行けない。
reorganizationであるとかなんとか。でコンテクスト依存の情報もかかわると言ってた。ただそれがなんかふるい認知モデルに基づくPDPで、コンテクストっていうのが鳥は動物であるとか、羽をもつとか、飛べるとか、動物であるとか言う時の動詞(is, has, can)をノードにしてPDPモデルに噛ませてなんかやってるっぽいんですな。その辺の心理学的実体はどう検証されるのかちょっとわからなかった。そしてmetaphorical groundingというよりアブストラクトなsimilarityも生じるはず云々みたいなことを言って終わった。

こうしてみるとよくわからん。とりあえず印象的だったこととして、

There is no absolute category. Categorization is consequence of the statistics of experience.

ということを言っていた。たぶんそれが彼らの重要なセントラルドグマなんだろう。カテゴリ認知がemergentなものであることについては自分も納得した。あとカテゴリ分化が全部のカテゴリに対して一気に起こるのではなくsuper-ordinateなものからsub-ordinateなものにと徐々に分化していくというところも子どものデータとPDPの結果とを合わせて報告していて、説得力があったと思う(確か両方グラフに出してた)

経験に基づいてカテゴリ分化するっていうことは人によってカテゴリがばらばらになりそうだけど、どのようにして人々の間でカテゴリのパタンがshareされているのかっていう質問を思い切って(トーク終わった後でこっそり)してみた。答えとしては、「それには言語や文化的なものも影響しているだろう。たとえば他の人のカテゴライゼーションを聞いて分類するとか。」子供が両親に教えられるようなものかと聞いたらそうだって言ってた。

自分の中での結論としては、categorizationはまず生後の経験により生じる。そしてそれは自分自身の五感による経験だけではなくコミュニケーションレベルでの調整によっても決定されるのだと理解した。
でもスイカは野菜と言われても納得できないしなあ。生の経験に基づく分類と社会通念上の分類ってぶつかる場合もあるんじゃないだろうか。自分の脳のIT野かどっかのsimilarity matrixを作ったら、スイカとトマトよりもスイカとメロンのほうが似てる可能性はある。innateなレベルで、人間の神経システムは積極的に自分の経験でcategorizationを試みるようになっているのではないだろうか。んで社会的には他の基準に基づいた分類をしてるように見せるという。そんなことがありそう。

なんかすごいぐだぐだ。しっかり勉強した方がいいな。PDP多分やんないけど。








Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.