意味認知症と道具使用(semantic dementia & tool-use)

意味認知症(semantic dementia: SD)というのは前頭側頭型認知症(fronttemporal lober degeneration)の一種で、両脳半球の前側頭葉(anterior temporal lobe: ATL)の組織が委縮し、物事の意味全般が徐々に失われていく症状を言う。ATLは該当する頭皮の位置で言うと、耳のちょい上、かつちょい前あたり。と言ってもわかりにくいと思うので、目じりと耳たぶを結ぶ線をつくって、それを底辺とする正三角形の頂点が大体ATLのあたり、ってとある専門家の方が言ってた。側頭葉の一番前のほう先のほうである。なのでtemporal pole(側頭極)ともいわれる。

で、このtemporal poleは実はさまざまなモダリティの情報を統合してamodalな意味表象を形成している重要な領域なのではないかということが言われている(この理論はPatterson et al., 2007でNature Review Neuroscienceに載ってる。ちょい長い)。このことは「意味」というものの意味を考えると納得されるかもしれない。例えば「象」という言葉で示されるものには、巨体である、耳が大きい、鼻が長い、背中に乗れる、近寄ると臭い(らしい)、などなどさまざまなモダリティおよび属性の内容が含まれて、それが統合されて「象」の意味となっているわけだ。これらの情報は大脳皮質のそれぞれ別の場所で表現されているが、そのような表象を前側頭葉がhubとなって効率的にまとめている、というのが大体のこのATL=semantic hub仮説の概要。それでこの部分の損傷によってSD患者は意味認知全体が障害されるのだと説明される。


SD患者は日常使う道具の意味も失われるわけだが、これによって道具の使用が全くできなくなるかというとそうでもないことがある。なので道具の使用はconceptual knowledgeとは独立に成立しているのではないか、ということが言われてきた。(道具の機能-functionと操作-manipulationの知識の乖離、Buxbaum&Saffran, 2002とか*)
ところが、反対の立場としては、よりsensitiveな道具使用の課題を使えば、意味概念全体の失われる程度にしたがって、道具の使用もある程度障害を受けることがわかる、とBozeatらが主張した。こちらのほうがBuxbaumらの報告よりも、研究に参加した患者さんの数が多いし、item-baseで相関分析をやって意味認知と道具使用の課題成績の間に高い正の相関を示していることから信ぴょう性は十分にある。つまるところ、意味が失われてしまった道具は、それを使うのも難しくなるということである(Bozeat et al., 2002)。

このあたりまでが大体の意味認知症と道具使用能力をめぐる研究の概要。本当はもっと数多くの研究がある。
これらの報告群をどうreconcileするのかについては次の機会にここにあげることにする。先に言っておくと意味認知症の重篤度(sevelity)が関与していると考えられてきている。

*必ずしも意味認知症だけではなく、他の病因で側等葉前部が損傷された事例も含め、報告している。脳梗塞(stroke)やアルツハイマー病(Altzheimer’s disease), 大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration)など。
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.