Volcanic Ash 2 (追記あり)

飛行機がこのところまた止まってます。
Ash flight restrictions extended

今日帰国予定の中国人の知り合いがいたんだが、多分延期を余儀なくされたことだろう。
自分はたまたまこの噴火の前に英国に来てたから影響を受けなかったけど、学会で英国外に移動したりしてるときにこういうことになると割と恐ろしいな。
噴火そのものは数カ月から数年続くと科学者が言っているらしい。ただ飛行の停止基準が厳しすぎるという意見が出てるので見直す動きもあるらしい。
さすがに自分が帰国する一年後にはおさまってると思うけどどうなんだろうな。その時は船で移動するか。

imposed = compeled; 強要された、余儀なくされた

plume = a plume of some substance, smoke; 雲

standstill = stalemate; 行き詰まり
UK Airports came to a standstill again yesterday.

stranded = left behind; 置き去りにされた、座礁した
The latest disruption left thousands of passengers stranded abroad.

disruption to ~; ~の混乱(前置詞to)、(「かく乱」と動詞的に覚え直したほうがいい)


追記(20100517)
strandが気になってたので、論文読んでてまた出てきたついでに調べてみた。そしたら英語古語の「岸、海岸」が語源らしい。
http://blog.livedoor.jp/open555/archives/52693734.html
ただこれ研究のstreamっていう意味でも使う。
There are two main strands of neuroscientific evidence endorsing either model A or model B.
みたいな感じ。
なんでこうなるかというと「糸、より合わせたもの」っていう意味もあるから。証拠が収束的に集まって行くイメージかな。

で、自分としてはこの語は、動詞のほうの「座礁する、身動きがとれなくなる」のイメージで覚えたほうがいいんではないかと思った。船が身動きとれなくなる場所だからstrand=身動きとれなくなる場所=岸、海岸。糸も細い束をより合わせてほどけないようにしてあるからstrand=身動きとれなくなった繊維の束=糸
上記の記事でも飛行機が止まって身動きが取れなくなったからstranded passengers had to waitみたいな文章が出てくる。

と勝手に思ったが言語学者ではないので、意味合いが本当は大きく違っていても知りません。
ただ英語はラテン語の「動詞的な」意味を基に派生してる語が多いらしい。狩猟民族だからか?
わりと動詞的に解釈しても実は間違ってないんではないだろうか、と思った。

以上追記というか自分メモです。

Post a comment

Private comment

いろいろ吹いた

船旅とかうらやましすぎる。
もういっそ80日間世界一周しようぜ。

ラテン語ときいてネタフリにきたよ!
ttp://www.kitashirakawa.jp/taro/latin0.html
(h抜き)にのってるラテン語辞書サイトいくつかでそれっぽいのてきとーにあたってみた。
どうやらそのまんまはないっぽいな。
部分検索で誰かさんのすきな「quod erat demonstrandum」が出たぐらいで。

近そうなのは
struo(建てる,組み立てる,配列する,工夫する)
の動名詞・動形容詞じゃないかと。
ttp://www.kitashirakawa.jp/taro/latin101.html
(またもh抜き)
たぶんstrandus(男性)-stranda(女性)-strandum(中性)になって、語尾変化うっとしくて語尾きったんじゃないかと。英語って無性だし。
ってことは語源は「組み立てられたもの」かしら?
これも勝手な予想な。


どうでもいいけど、せっかくパンクの国にいるんだから、いっそ髪の毛つんつんのうにあたまにしてみたらどうだろうか。(無責任)
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.