Takarae and Levin (2001) Animals and artifacts may not be treated equally: Diffferentiating strong and weak forms of category-specific visual agnosia

3人のCSVA(category-specific visual agnosia)患者について、刺激に由来する種々の要因を統制してもカテゴリ選択的な障害が見られるかどうかをhierarchical regression analysisを用いて検討した。
category-specific deficitは動物と人工物の認識障害がdisproportionateに起きるという症例で、animal-specificな障害の方が多く報告されている。これは動物の方が見た目が似ている、共有されている特徴が多い、などのこのカテゴリの所属項目に共通する特徴が影響して起きているのであり、神経システムがカテゴリカルに組織されているわけではないという説がある。
結論としてこの研究では種々の要因を統制してもカテゴリ特異的な失認が起こる、すなわち刺激特性だけでCSVAを説明できないという主張がなされている。


IntroductionがCSVAの研究を(2001年以前のもの)まとめており、有用。
日本人でSemanticな研究ということで読んでみたけれど主著者のTakaraeさんは現在アメリカで研究しているようだ。
Category-specificityに関する症例研究の総括的レビューがないかと思ったら同じ雑誌の論文でCapitani et al. 2003 (what are the facts of semantic category-specific deficits? A critical review of the clinical evidence, Cognitive Neuropsychology, 20, 213-261)があった。これより新しいものがなければおそらくこれが最新。

<追加>
課題はnamingとvisual search(livings from artifacts, artifacts from livings)のようだ。
visual searchの方が健常者においてはカテゴリ特異性を推測するsensitiveなテストになりうるのだろうか、もしそうだとすれば側頭葉変性・損傷などに伴う言語・意味的想起障害の早期発見に使えるかもしれない、と妄想した。

artifact specific な処理と前頭・頭頂との関係を示した研究が二つある。
患者データ:Saffran & Schwarts, 1994
イメージング:Martin, Wiggs, Ungerleider, & Haxby, 1996
これらがconsistentか(この後の2000年代の研究でも出てるか)+道具表象に関わる前頭・頭頂の認知的役割がどう説明されるのか、の二つについて、文献のチェックと考察が必要

単語メモ20110620

awry 歪んだ、不安定な [ə'raɪ]
go awry うまくいかなくなる

hipopotamus カバ
sporadic 散発的な
intricate 複雑な(≒complicated) ['ɪntrɪkət]

Nature Neuropod が割と面白い

Natureが音声で記事やインタビュー紹介をしてるNature Podcastというのがあるのだが、その一区分でneuropodという神経科学系専門のポッドキャストがある。一月に一度更新のようだ(6月分はまだ出てない)
アーカイブが2008年からあるので遡って聞くことも可能。それぞれ本旨Natureや関連誌の記事とリンクしている
http://www.nature.com/neurosci/neuropod/archive.html

子どものときストレスがかかるとテロメアが短くなるのが早くなるよという話
http://www.nature.com/news/2011/110517/full/news.2011.298.html

統合失調症の人の神経細胞は普通の人のよりコネクションを作りにくいという話
http://www.nature.com/news/2011/110413/full/news.2011.232.html

その他いろいろ。R.Kanaiサンの声などもあった。
また聞く。

単語メモ20110617

nimbly =quickly, swiftly
grisly ぞっとするような [ˈɡrɪzli]
stir かきまぜる [stɜː(r)]
spur 拍車をかける [spɜː(r)]

foster 養育する
catalyst 触媒
associative agnosia 連合型失認
(associative visual agnosia)

contour 輪郭 [ˈkɒntʊə(r)]
fractionated 分割した
primordial 原初の、原初的な

単語メモ(Rythms of the brain)

単語のメモ

foretelling 予言的な
perpetual 恒久的な
terrain 地勢
assimilate (make it similar to sth) 同化する、吸収する
conjecture 推測、予測 (ex. Goldbach conjecture ゴールドバッハ予想)
punch line (ジョークの)落ち
tantalizing じれったい

be treated for ~の治療を受ける
malady 疾患
allege 述べる、主張する、嫌疑がかかる
deem みなす
grapheme 文字

lemma 見出語
lexeme 語彙素
synthetic 合成の、人工的な
lexicon 語彙集、用語集
indispensable 無視できない、必要不可欠な
dispense 免ずる、調剤する
esoteric 深遠な [esəʊ'terɪk] (≒profound)
arduous 努力を要する、達成困難な

come to the fore 前面に現れる
rugged ごつごつした、荒れた
novice 初心者
allegedly 伝えられるところによると(≒apparently)

lingo 専門用語
collegiability 同僚性
ramification 悪影響
oft-heard 何度も聞かされた、よく聞く
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.